新春ランニング

年明けにランニングに行ってまいりました。自然豊かなコースでしたので、紹介します。


このコースを往復してきました。


6時半ごろに健康の森(スタート地点)に到着。まだだいぶ暗くて寒いです。


ゴール周辺。コースの途中で写真を撮るのを忘れていましたが、だいぶ自然豊かです。


光芒という現象でしょうか。なんかきれいです。

往復のランニング終了後には関節が痛くてたまらなかったですが、
このランニングコースのいいところの一つは近所にいい温泉があること。
体の痛みも温泉のおかげでかなりよくなりました。

※注意点
タクシーとかあまり走っていないので、途中で脱落することが難しいコースです。体力に自信のある方にお勧め!

中国旅行の心得

你好。半分中国人みたいな運営者が中国に旅行へ行く際の準備を以下にまとめました。中国に行かれる際はどうぞご覧ください。

<準備一覧>
航空券の手配(いつもExpediaを使っています。)
ホテルの手配(いつもBooking.comを使っています。)
海外旅行保険の申し込みいつもAIUを使っています。)
持ち物の準備(次章を参照ください)

<持ち物一覧>
パスポート
航空券
現金
クレジットカード
海外旅行保険
顔写真(パスポートサイズ)
パスポートのコピー
ホテルの予約票
着替え
洗面具
ポケットティッシュ
タオル
ビニール袋
携帯電話
メモ
ペン
ガイドブック
辞書
充電器
コンセントプラグ変換器
折り畳み傘
緊急連絡先(保険会社、カード会社、勤務先、中国での滞在先)
マスク

<留意点>
国際電話:日本の国番号は+86
中国の電圧:220V
中国の電流:交流50Hz
中国のプラグタイプ:CorO
水道水の飲用は控え、ミネラルウォーターを購入したほうがよい
15日以内の滞在はビザ不要
パスポートは残存期間が6か月以上必要
パスポートの余白2ページ以上必要
外国人は自動車の運転はしにくいらしい
消費税は有りません。
ホテル15%のチャージ料が発生する可能性があります
トイレットペーパーの持参が必要(備え付けていないところも多い)
紙を流さない(配管が細く、詰まってしまいます。)
中国内で使えないWEBサービスが多いので、友人との連絡用にWe chatというスマホアプリを事前にインストールしておくこと。

<最後に>
魅力多い国、中国を存分に楽しむためにも、しっかりと準備をして旅行に望みましょう!

Pythonを使った機械学習(超入門)

✔どう始める?機械学習プログラミング

まずは、理論はざっくりの理解で済ませ、でサンプルコードを動かしてみることが近道だと感じます。機械学習ライブラリはいくつかありますが代表的なもので、「Scikit-learn」があります。このライブラリではほとんどの学習器(学習手法)がライブラリ化されていて、関数として簡単に使えてしまいます。

 

✔環境構築

Pythonを使って機械学習の環境構築をまとめたいと思います。とりあえず使えるようになることが目標です。

<動作環境>
Windows 10

<環境準備>
Anacondaのインストール
(ダウンロードサイト:https://www.continuum.io/why-anaconda)
※Anacondaは機械学習に必要な機能が一通り揃った環境のことです。
Anacondaをインストールするとプログラミング環境が出来上がるので、
Python(プログラミング言語の1つ)でコードを書いていきます。

<とりあえず使ってみる>
・コマンドプロンプトを立ち上げる
・”spyder”と入力し、Enterキーを押す。
・spyderが起動するので、左側の画面にコードを書いていく。

以上でPythonを使った機械学習の実施環境が整いました。

<参考サイト>

Anaconda を利用した Python のインストール (Windows)

0